犯罪抑止に役立つ防犯カメラを導入しよう|購入に失敗しないための術

ロゴ
HOME>注目記事>賢い防犯カメラの利用方法【特徴を知って購入しよう】

賢い防犯カメラの利用方法【特徴を知って購入しよう】

防犯カメラ

防犯カメラの種類

防犯カメラには種類が豊富にありますが、使い方や設置場所などで使い分けをしていきます。ボックス型は箱型で一目で防犯カメラとわかるため犯行抑止効果を期待することができます。ドーム型は半球型内にカメラが収められていて天井にすることができます。威圧感を抑えることができる不特定多数が出入りする場所の設置におすすめです。カメラは回転するため広い視野での監視が可能です。赤外線カメラは屋外に設置し、夜間など暗い場所に活躍するカメラです。他にも種類が豊富にありますが、目的に合ったカメラを使わないと、効果が発揮しないため適材適所にあったカメラを設置しましょう。

防犯カメラ

防犯カメラを設置して得られるメリット

防犯カメラを設置しておくと、万が一空き巣やいたずらなどの犯人を特定することができるだけではありません。防犯カメラが設置されていると抑制効果が働きます。これからよからぬことをしようという人に、防犯カメラがあることをわからせることによって警告をすることができます。ダミーカメラをわかりやすい場所に本物のカメラはわかりにくい場所への設置がおすすめです。

防犯カメラを設置する際の注意点

防犯カメラ

設置場所を決める前に購入しないようにしましょう

防犯カメラは屋内用と屋外用がありますが、屋外用は雨風や日差しなど厳しい環境にさらされることが考慮されているため性能面が高い分高額です。屋外用を購入したところ屋内の設置することになってしまっては、費用が高くなってしまいます。また屋内用は侵入者から壊されないように埋め込み式が選ばれることが多いなど、防犯カメラには設置する場所に合うものを選ぶためにも設置場所を決めてから購入しましょう。

メンテナンスを考慮して設置しましょう

防犯カメラは設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要になります。イタズラされないように高い場所に設置をしまうとメンテナンスをする機会が減ってしまって故障する可能性が高まります。メンテナンスを考慮して設置しましょう。

設置場所を見極めましょう

防犯カメラはセキュリティ面を強化したい目的があるからこそ設置をします。不審人物のチェックのために防犯カメラを導入するだけでなく、ときには大切なデータや書類などを持ち出されないよう内部の人間のチェックも必要になります。ところが、防犯カメラはコスト面から導入する台数には限りがあります。どこでもいいから設置するではなく、どんな場所をセキュリティ強化したいかを明確にしてから設置をしていきましょう。